ツインレイかもしれない。そんなわけないか

ツインレイかもしれない人と遭遇しました。揺れる想いを…

魔法の杖

魔法の杖

 

 

 

 

 

 

本屋さんで

 

魔法の杖

 

という本を見かけました

 

 

エスかノー

 

で答えられる質問を思い浮かべて

 

適当にページを開きます

 

 

そこに書かれているメッセージが

 

質問の答え

 

 

昔もこんな本が流行ったことあったなぁ

 

その時本を買ったなぁ

 

 

なんて思いながら

 

 

ツインレイのあの人から

 

1ヶ月以内に

 

メールはきますか?

 

とたずねました

 

 

開いたページに書かれていたのは

 

 

その願いは叶います

 

 

 

ホントかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

ふいに

 

メールがきましたよ

パーソナルスペース

パーソナルスペース

 

 

 

 

 

 

 

人は

 

親しくない人に

 

あまり近くに寄られると不快に感じる

 

 

人に入られると不快に感じる距離を

 

パーソナルスペースというそうです

 

 

たまにあります

 

ちょっと近いなぁ

 

イヤだな

 

と、思うこと

 

 

パーソナルスペースを侵されてるなぁ

 

 

 

 

適度な距離で話していて

 

特に不快感のない人でも

 

近くにこられた瞬間に

 

なんかイヤだな近いな

 

と、思うこと

 

 

 

逆に

 

近いとドキドキする人もいます

 

ドキドキを感じたら

 

ちょっとタイプ

 

と、思います

 

 

 

 

 

 

 ツインレイのあの人に

 

いつもより一歩

 

近づいてみたことがあります

 

相手も一歩近づいてきて

 

 

うわー思ったより近くなっちゃった

 

どうしよう

 

でも今さら一歩下がれない

 

と、思って

 

そのまま

 

 

 

一瞬ドキドキして

 

 

その後は

 

不思議と

 

ドキドキも不快感もない

 

 

 

 

 

 

ツインレイは

 

ドキドキはあまりないのかもしれない

ツインレイのはじまり

ツインレイのはじまり

 

 

 

 

 

 

家でのんびり過ごすのが好き

 

何にもしないで

 

だらだら

 

 

 

それでも、外に出た方が

 

実は楽しい

 

 

 

やらなきゃいけないことがあって

 

外に出る

 

 

帰り道でぶらぶら

 

 

 

 

あーやっぱり女の子うみたいなぁ

 

 

 

 

 

ツインレイのはじまりは

 

白昼夢だった

 

 

 

 

ツインレイのあの人に

 

そっくりな赤ちゃんを

 

うんでいる映像を見た

 

 

 

 

その頃、

 

ツインレイのあの人に

 

好意を抱いていたんだったかな?

 

 

 

 

 

きっとその

 

不思議なマボロシを追いかけて

 

今があるんだろう

 

 

 

忘れてたけどね

 

 

 

 

 

この不思議なマボロシ

 

叶うのかな?

 

 

 

 

 

 

ツインレイと出逢って

 

分離期間に入って

 

特に進展のない中で

 

 

 

逃げ出したい気持ちと

 

 

 

統合を信じる気持ちと

 

 

 

 

 

 

統合の為に出来ることなんて

 

ないんだろう

 

 

 

 

宇宙の采配とやらに

 

委ねるしかないんだろう

 

 

 

 

 

10年先か

 

20年先か

 

 

 

 

そんなに先だと

 

 

不思議なマボロシ

 

叶いそうにない

 

 

 

 

 

不思議なマボロシは叶いますか?

 

 

 

 

叶うといいな

カナシミも大事な感情

カナシミも大事な感情

 

 

 

 

 

 

時々

 

元気をなくす

 

 

上手くいかないこともある

 

自分がダメに思えることも

 

 

 

でも、

 

カナシミも大事な感情

 

 

 

 

誰かに助けてもらいたい

 

そんなことも思ったりするけど

 

 

 

 

自分で向き合うしかない

 

カナシミから得られることもあるはずだ

この口も嘘をつく

この口も嘘をつく

 

 

 

 

 

 

言葉は嘘をつく行動は嘘をつかない

 

自分は

 

 

 

自分のこの口も嘘をつく

 

気持ちはあっても

 

行動が伴わない

 

 

自分で自分のことがわかってない

 

 

自分の本当の本音はどこだろう

 

 

 

 

 

 

 

働きたくない

 

働くのがこわい

 

働くの楽しい

 

辞めてもいいよ

 

働きたい

 

資格がとりたい

 

働けるって幸せ

 

 

ここ数年だけでもめまぐるしく

 

気持ちは変わる

 

 

こんなにころころ変わって

 

 

信用されないよね

 

 

 

きっといつも本音は隠されてる

 

良く見られたい

 

そういう見栄みたいなものが

 

本音を隠してる

 

 

 

 

 

本当は

 

好きな人のそばにいたい

 

好きな人の為だけに生きていたい

 

 

 

仕事は

 

してもしなくても

 

どっちでもいい

 

 

ツインレイの

 

チェイサーに求められる

 

自立とは程遠い

 

 

 

 

自立って一体なんだろう

行動は嘘をつかない

行動は嘘をつかない

 

 

 

 

 

 

言葉は嘘をつく

 

行動は嘘をつかない

 

 

 

元夫は

口では

 

愛情はある

必要としてる

寄りを戻せるよう努力する

 

と言っていました

 

実際は

 

私が家を出た後は

部屋の配置替えをして

メールも用がなければ送ってこないし

たまに来るメールは自分の都合です

 

 

 

言葉は嘘をつく

 

行動は嘘をつかない

 

 

 

こういうことなんだ

 

 

 

それでも言葉に惑わされます

 

口から出た言葉を信じて

そこにすがってしまいます

 

 

 

だから、行動の伴わない言葉にも

振り回されてしまう

 

 

 

 

人を見るときには

 

言葉ではなくて

 

行動を見て

 

 

 

ツインレイとの分離期間にいる人は

 

きっと

 

言葉はもらえない

 

 

 

分離期間の前の行動に

 

愛はありましたか?

 

 

 

いつだって

 

私が困ることがないように

 

先回りをするみたいに

 

手を尽くしてくれていた

 

 

 

この仕事ってこんなことまでするんだ

忙しいのに大変だなぁ

 

なんて思っていた

 

 

真相はわからない

 

 

仕事熱心な人で

誰に対してもそうだったのかもしれない

 

 

それでも

 

いつだって

 

目の前にいないときだって

 

私のことを考えて動いてくれていた

 

誰よりも

 

 

 

今も

 

その行動に守られている

不思議な空間

不思議な空間

 

 

 

 

 

 

体調が悪かったので病院に行きました

 

離婚して引っ越してきてから

 

病院に行ったことがなかったので

 

病院検索して

 

 

単純に家から近いところに行きました

 

 

外から見ると静かで

 

中は意外と人がいて

 

なんだか不思議な空間でした

 

 

古い建物もアットホームな雰囲気も

 

苦手なのに

 

何故だか

 

レトロでお洒落な空間に思えて

 

 

不思議と落ち着く

 

居心地のいい空間でした

 

 

敬意と感謝が漂っているような

 

 

 

 

 

 

 

ツインレイと遭遇して

 

それから出逢う人や

 

関わる場所は

 

それまでより

 

優しい

 

そんな気がします