ツインレイかもしれない。そんなわけないか

ツインレイかもしれない人と遭遇しました。揺れる想いを…

そしてにわかに新たな恋も

そしてにわかに新たな恋も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月頃

 

新たな出会いのようなもの

 

があり

 

 

うきうきと

 

にやにやと

 

心踊る日々がやってきた

 

 

職場関係の人で

 

ふたりで過ごす機会もあって

 

 

自己開示力の高い人

 

と思った

 

 

でもまぁ

 

そんなに

 

 

興味を持たれている気もしないし

 

 

こちらとしては

 

気になる存在

 

ではあったけれど

 

 

でもまぁ

 

そんなに

 

 

興味は持たれてなさそう

 

 

基本は他店舗の人で

 

こちらの店舗に来ていたのは

 

9月から週一程度

 

 

転職をするそうで

 

もう会う機会もあまりなさそうだし

 

 

もうすぐ引っ越し

 

でも12月以降も月一位は副業として

 

そう話していた

 

 

短い期間でしたけどお世話になりました

 

と言っていて

 

さみしくなるねー

 

なんて話した

 

 

最後の日は

 

朝から変で

 

ああ

 

自分は

 

凄くさびしい気持ちに襲われているんだ

 

そう思って

 

少し

 

沈んでいた

 

 

それでも

 

連絡先は聞かない

 

そう決めていた

 

 

もう追いかける恋はやめた

 

 

また出会うべきなら

 

きっと神様が会わせてくれる

 

 

それがなければ

 

もうおしまいでいい

 

 

恋は

 

努力じゃなくていい

 

 

恋は

 

成り行き任せで

 

 

頑張るのはやめる

 

 

追いかける恋はやめた

 

 

そんなに強く激しい恋心ではない

 

 

ほんのり

 

気になる

 

 

そのくらい

 

 

そのくらいの好き

 

 

今の私には

 

ちょうどいい

 

 

ほんのりの

 

好き

 

 

 

 

引っ越したはずなのに

 

翌週も来ていた

 

 

私は休みの日で会えず

 

 

 

その翌週もまた

 

 

 

引っ越しは?

 

しましたよ

 

 

仕事は?

 

来週から

 

 

そうなんだー

 

 

とりとめのない会話

 

 

 

それでもなにかが変わった

 

そんな気がした

 

 

ねぇ私に会いたくて来たんでしょ

 

なぁんてね

 

 

それでも

 

発言も行動も視線も

 

なにかが変わった

 

 

ねぇ私のこと好きになったんでしょ

 

なぁんてね

 

 

それでも

 

まっすぐに見つめる視線が

 

 

ああ

 

こんなふうに男の人に見つめられたのは

 

あの人以来だ

 

 

そう思わせた

 

 

何度か寒いと言っていたら

 

手あったかいよ

 

って手を差し出してきた

 

 

 

その手に触れたい

 

 

手がそう言ってる

 

 

 

ちょっとさわって

 

男って手あったかいよねー

 

と言って離した

 

 

その手がまだ

 

名残惜しそうに

 

もっと触れていて

 

と言っている

 

 

 

仕事の練習をして教わる

 

 

手はこの位置だよ

 

ここに手を重ねて

 

 

その手で触れられたい

 

手がそう言ってる

 

 

その手に手を重ねた

 

 

甘い誘惑

 

 

 

 

お迎えの時間が迫ってばたばたと先に帰った

 

 

この恋に続きはあるだろうか?

 

 

まぁなくてもいい

 

恋は成り行き任せで

 

 

それでも

 

私には

 

貴重な感覚だった

 

 

この数日後に

 

手を繋ぎたいと思われる相手でありたかった

 

 

思い出して

 

泣くのだ

 

 

 

 

まだまだ捨てたもんじゃない

 

 

その手に触れたい

 

多分

 

そう思われた

 

 

そう想われる存在でありたいと願った私に

 

神様がくれたんだ

 

 

この貴重な経験を

 

 

 

大丈夫

 

またきっと

 

願っているような

 

恋が

 

やってくるよ

 

 

愛される

 

よろこびが

 

 

やってくる

 

 

私のもとにも

過去の恋に

過去の恋に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後

 

ツインレイのあの人

 

とは

 

なにもない

 

 

メールも

 

今年に入って一度もない

 

 

こちらからもほとんど

 

連絡をすることもなくなって

 

 

段々と

 

フェードアウト

 

していっている

 

 

その存在は

 

段々

 

薄くなっていく

 

 

じわじわ

 

過去の恋に

 

なっていく

 

 

思い出す回数も

 

写真を眺める回数も

 

占う回数も

 

減っていく

 

 

 

 

 

四半世紀の恋心の成仏

四半世紀の恋心の成仏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別れた元夫を見かけた

 

女の人と手を繋いで歩いていた

 

しあわせそうに

 

 

そっか

 

よかったね

 

 

もう離婚から三年弱

 

 

これは

 

私が望んだことだ

 

 

すごく好きな人に

 

ちゃんとしあわせになってほしい

 

 

そう思った

 

 

だから

 

離婚した

 

 

愛されていない

 

それが

 

痛いくらいにわかっていた

 

 

もう

 

好きじゃないんだな

 

 

すごく好きだから

 

すごく好きなのに

 

愛されていない

 

それがわかって

 

一緒にいることが

 

苦痛だった

 

 

きっとわかってもらえない

 

 

だから

 

もう好きじゃないから別れて

 

と頼んだ

 

 

ちゃんと好きな人と

 

しあわせになってくれればいい

 

 

そう願った

 

 

そっか

 

よかったね

 

 

そう思う気持ちと共に

 

動揺もあった

 

 

でももう私たちは

 

他人だ

 

 

なにも言う権利はない

 

 

あいつ離婚の時

 

復縁出来るように努力するから

 

とか言ってなかったっけ!?

 

 

死ねばいーのに

 

 

とも思った

 

 

でも

 

これで良かったのだ

 

 

前回の今世では

 

離婚しない

 

を選んで

 

自殺して死んだ

 

 

残された全ての人間が心に傷を負った

 

 

どうせ死ぬなら

 

最悪の結末でも同じだ

 

 

勇気を振り絞って

 

離婚を選択した

 

 

しあわせになる勇気を

 

 

今しあわせかって聞かれたら

 

困る

 

 

結局しあわせになれていない

 

 

それでも

 

タフにはなれたし

 

なんとか生きている

 

 

もしこの先

 

自殺して死んだとしても

 

 

一人でも

 

この選択でしあわせになれた人間がいるなら

 

これは

 

大きな成功だ

 

 

この離婚に意味はあったんだ

 

 

ようやく

 

四半世紀の恋心が

 

成仏出来る

 

 

そんな風に思えた

 

 

これはきっと

 

前進だ

 

 

 

 

 

すこしだけ

 

うらやましい

 

 

自分から手を繋ぐのをやめて

 

10年以上

 

彼の方から手を繋いでくれる日を待った

 

 

結局

 

離婚まで一度も

 

彼の方から手を繋いでくれることはなかった

 

 

手を繋ぎたい

 

 

そう思われる相手でありたかった

 

 

私には何が足らなかったんだろう

 

 

足らなかったんじゃない

 

これは

 

ただの

 

相性の問題だ

 

 

私は

 

私で

 

他の人にはない

 

唯一無二の

 

魅力がある

 

 

きっと

 

誰にでもある

 

 

 

 

それでも

 

誰からも愛されなくても

 

誰からも必要とされなくても

 

なんの役にも立たなくても

 

 

生きていていいよ

 

 

生きていて

 

いいよ

ちゃんと諦めよう

ちゃんと諦めよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと諦めよう

 

 

あの人のことを

 

ちゃんと諦めよう

 

ようやく

 

そう思えるようになった

 

 

もう

 

ツインレイのあの人

 

と呼ぶのもはばかられる

 

 

これは恋愛でもなんでもない

 

ツインレイでもなんでもない

 

ただの壮大な勘違い

 

 

あの人

 

からの連絡は

 

今年に入って

 

一度もない

 

 

恋愛とも呼べない程の

 

関係性で

 

 

いい加減

 

目を覚まして

 

ちゃんと

 

諦めよう

 

 

既に

 

フェードアウトは

 

はじまっている

 

 

恋愛でもなんでもないから

 

わざわざ

 

もう連絡しません

 

なんて

 

宣言する必要もない

 

 

このまま

 

なにもしなければ

 

段々

 

薄れていく

 

 

自然と

 

フェードアウトして

 

 

過去になる

 

 

 

諦めたい

 

諦められない

 

やっぱり好きだ

 

 

みたいな

 

激情は

 

もう残っていない

 

 

どうか

 

遠くで

 

幸せでいてください

 

 

きっとずっと好きだけど

 

それでもきっと

 

段々

 

薄れていく

 

 

大丈夫

 

 

手放せば

 

空いたスペースに

 

また

 

新しい何か

 

がもたらされる

 

 

ちゃんと諦めよう

 

 

やっと

 

そう思えるようになった

 

 

ここ何年も

 

たくさんのものを

 

手放して

 

手放して

 

手放して

 

過ごしてきた

 

 

だから

 

大丈夫

 

 

大丈夫

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は

 

全然

 

大丈夫じゃないけど

 

 

でも

 

大丈夫

 

 

大丈夫

 

 

自分に

 

そう言い聞かせて

 

 

ちゃんと諦めよう

 

 

疲れた

 

んじゃない

 

 

これは前向きな

 

選択

 

 

だから

 

大丈夫

 

大丈夫

勘違い

勘違い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツインレイのあの人

 

とか言って盛り上がってきた

 

ここ数年

 

 

別の恋をして

 

脈があるかな?

 

 

勘違いをしながら

 

ウキウキと過ごした

 

 

結果

 

惨敗

 

 

うーん

 

これは

 

ツインレイ

 

 

本当に

 

壮大な

 

勘違い

 

なのかもしれないなぁ

 

と思い至る

 

 

恋をする

 

って

 

そんなものだ

 

 

好かれているんじゃないか

 

と期待して

 

勘違いして

 

ウキウキしたり

 

メソメソしたり

 

 

とっても

 

素敵な

 

勘違い

 

 

それでもいい

 

 

ツインレイ

 

という言葉にこだわって

 

苦しんでいたところから

 

ちょっと離れて

 

 

別の恋をして

 

目が覚めて

 

 

全部

 

勘違い

 

 

それでもいい

 

 

そう思えるようになった

 

 

苦しいところから

 

脱け出して

 

 

ラクになれた

 

 

ちゃんと

 

自分で自分を愛して

 

 

承認欲求を

 

捨てる

 

 

相手なんかいなくても

 

自分で自分を愛してあげられる

 

 

なんにも

 

もってなくても

 

 

なんにもない

 

それさえも自分の魅力で

 

 

なんにもない自分を愛せるから

 

自分以外の誰かも

 

ちゃんと愛せる

 

 

もがき苦しんで

 

ちゃんと

 

見つけた

 

 

自分で自分を愛せること

 

自分以外の誰かも

 

愛せること

 

 

どんな人も

 

懸命に生きていること

 

 

素敵な

 

勘違い

 

 

私に

 

たくさんの

 

気付きをくれて

 

成長出来た

 

 

ありがとう

 

勘違い

ソウルメイト

ソウルメイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツインレイのあの人に似た雰囲気の人

 

 

本当の意味で

 

ちゃんと

 

気持ちの整理がついて

 

 

ちゃんと

 

手放すことにした

 

 

ツインフレーム

 

だったかどうかは

 

 

 

でもきっと

 

ソウルメイト

 

だったんだ

 

と思う

 

 

新しい一歩を踏み出して

 

まだ逃げ出そうとしてしまう私に

 

 

頑張って

 

と言って

 

苦しい時期を支えてくれた

 

 

新しい一歩を踏み出して

 

戸惑いの多い時期に

 

話を聞いて

 

意見をくれて

 

ちゃんと頑張れるように

 

支えてくれた

 

 

今は少し落ち着いたから

 

支えがなくなっても

 

もう大丈夫だね

 

 

きっとそういうこと

 

 

ここ何年も

 

現れては去っていく

 

ソウルメイト

 

のひとりとして

 

私を

 

苦しい期間

 

支えてくれたんだ

 

 

いつも

 

ソウルメイトは

 

去っていく

 

 

ほんの少し

 

さみしいけど

 

別れはやってきた

 

 

今回は

 

ちょっと

 

痛みを伴う

 

別れ

 

 

はじめての異性の

 

ソウルメイトだった

 

 

そうか

 

それで

 

 

恋におちてしまったんだろう

 

 

ありがとう

 

さようなら

過ぎたるは猶及ばざるが如し

過ぎたるは猶及ばざるが如し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツインレイのあの人に似た雰囲気の人

 

 

優しすぎる

 

 

優しすぎるのも考えもの

 

 

過ぎたるは猶及ばざるが如し

 

 

優しすぎる

 

のは

 

優しくない

 

のと

 

一緒だ

 

 

優しすぎる人だった

 

つまりは

 

優しくない人だった

 

 

そういうことにしよう

 

 

くすぶっていた

 

淡い期待を

 

ちゃんと消して

 

手放そう

 

 

連絡をするのは

 

やめにして

 

 

ちゃんと

 

手放す

 

 

手放せば

 

そこに

 

スペースが生まれる

 

 

また

 

新しいなにかを

 

受けとるための

 

スペース

 

 

 

片想いの失恋

 

なんて

 

 

なにも手にしていないから

 

 

失う

 

というには

 

無理がある

 

 

そう思っていた

 

 

片想いの失恋は

 

想い描いていた

 

幸福な未来を

 

失うということ

 

 

それは

 

やっぱり

 

途方もない

 

喪失

 

 

 

喪失は

 

人を成長させる

 

 

喪失は

 

生み出す力になる

 

 

きっとなにか

 

新しいものを

 

受け取れる

 

 

喪失は

 

チャンス

 

なのだ

 

 

ちゃんと受け取ろう

 

 

ちゃんと手放して

 

 

ちゃんと

 

 

チャンスを

 

掴むんだ