ツインレイかもしれない。そんなわけないか

ツインレイかもしれない人と遭遇しました。揺れる想いを…

反省してほしいな

反省してほしいな

 

 

 

 

 

 

 

 

しつこく

 

ナラタージュの話を

 

 

ナラタージュのネタバレ

 

になるかもしれないです

 

ネタバレが嫌な方は読まないで下さいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツインレイのあの人へのメールに

 

ナラタージュ観てきました

 

と書いてしまいました

 

 

優しいと

 

勘違い

 

しちゃうんです

 

優しさは罪です

 

観に行って

 

反省してほしいな

 

 

 

思ってしまったんです

 

 

男性が観に行くような映画じゃないし

 

忙しいあの人が

 

映画館に行くことがあるのかどうか

 

もわかりませんが

 

 

万が一

 

観に行ったとして

 

誰目線で観るんだろう?

 

という

 

疑問が湧いてきます

 

 

思わせ振りなことをして

 

勘違いさせる側として

 

観るんだろうか?

 

 

なんとなく

 

有村架純ちゃん目線で

 

観てしまうんじゃないか?

 

という気がしてきます

 

 

思わせ振りなことをされて

 

勘違いしてしまう側の目線で

 

 

 

想いを寄せる側は

 

その人のことをよく見ています

 

見つめてしまいます

 

 

だから

 

その人が

 

本当は誰を好きなのか

 

わかってしまう

 

 

わかってしまうから

 

怒りや嫉妬みたいなものが

 

湧いてきてしまう

 

 

 

私は知らない

 

ツインレイのあの人が

 

誰を好きなのか

 

 

そういう人と一緒にいるところを

 

目にする機会もなかった

 

からかもしれないけど

 

 

 

でもツインレイのあの人は

 

ずっと私を見つめていて

 

私が誰を好きなのか

 

わかっていたかもしれない

 

 

この人はこの男が好きなんだな

 

思わせ振りなことを言うくせに

 

この人はこの男を

 

 

 

どうやら反省すべきなのは

 

私の方

 

なようです

 

 

 

当時の自分は

 

確かにそうでした

 

 

でも今は

 

ちゃんと好き

 

だと思う

 

 

いちばん好き

ツインレイとナラタージュ

ツインレイとナラタージュ

 

 

 

 

 

 

 

ナラタージュ

 

ネタバレ

 

になるかもしれないです

 

ネタバレが嫌な方は読まないで下さいね

 

 

 

 

 

 

 

 

ナラタージュ

 

個人的には

 

思わせ振りで煮え切らない男に

 

始終モヤモヤさせられる映画

 

といった感想です

 

 

人におすすめはしません

 

 

ツインレイに出逢って

 

思わせ振りなことをされて

 

でも分離期間にいる

 

チェイサーの方には

 

絶対に見るな!

 

と言いたい

 

 

かなりキツイです

 

 

でも最後まで観て

 

それでも

 

誰が悪い

 

とか

 

酷い

 

とか

 

思わずにいられるなら

 

それは

 

見返りを求めない愛

 

を理解出来ている

 

ということかもしれない

 

と思います

 

 

 

正直

 

私は

 

思わせ振りで煮え切らない男を

 

狡い

 

ズルい

 

と思って観ました

 

 

ラストに放たれるセリフも

 

これは酷い

 

と思いました

 

 

わざと勘違いさせるようなことを

 

いくつもしたでしょ!?

 

って

 

 

泉も小野くんも

 

こいつの被害者だ

 

と思いました

 

 

 

 

 

それでも

 

人を好きになるってことは

 

自分でもコントロールの効かないこと

 

 

好きになってしまったら

 

どんなことをされても

 

想いはつのる

 

 

弱っているときに

 

想いを寄せてくれる人がいたら

 

嬉しいと感じたり

 

想いに応えたいと思ったりしてしまう

 

 

それでも

 

想いに答えたいと思っても

 

相手を好きになれるわけじゃない

 

努力して好きになれるものじゃない

 

 

人を好きになるってことは

 

自分でもコントロールの効かないこと

 

 

だから

 

しょうがない

 

 

だから

 

誰も悪くないし

 

誰を責めることも

 

出来ない

映画 ナラタージュ

映画  ナラタージュ

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに映画館に行きました

 

 

映画  ナラタージュ

 

を観ました

 

 

ネタバレあるかもしれないので

 

ネタバレが嫌な方は読まないで下さいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

救いのないラブストーリー

 

と聞いて

 

なんとなく観たくなって

 

上映時間を調べたら調度良くて

 

行ってきました

 

寒い雨の中

 

 

 

妙に身につまされる映画で

 

今の自分が

 

一番見ちゃダメな映画

 

じゃないかな?

 

という気がしました

 

 

女子高生の泉(有村架純)が

 

高校教師の葉山先生(松本潤)に

 

想いを寄せるお話です

 

ナラタージュ

 

は回想という意味だそうで

 

社会人になった泉が

 

葉山先生とのことを

 

回想します

 

高校時代

 

大学生になってからも

 

 

葉山先生は優しい人です

 

その優しさは時に思わせ振りです

 

 

時に度を越した優しさで

 

泉を翻弄します

 

 

でも煮え切らない態度で

 

進展はなかなかしません

 

 

 

 

観ている私は

 

終始、葉山先生の行動に

 

一体何を考えてるんだろう?

 

どういうつもりなんだろう?

 

とワナワナします

 

 

ワナワナ?

 

モヤモヤ?

 

 

 

そして脳裏に浮かぶツインレイのあの人

 

思わせ振りと煮え切らない態度

 

 

いやいや

 

ここまでの思わせ振りはないし

 

大胆な行動もないし

 

 

私の場合は全部勘違いで済む程度ですが

 

 

 

自分のなかの

 

自分は一体何をやっているんだろう

 

という思いは

 

増します

 

 

本当に

 

もうメールするのやめよう

 

と思ったりもしました

 

 

でも気持ちが残ったまま

 

次の恋をしようとするなら

 

惨劇

 

が待っている

 

という気もします

 

 

行き着くところまで

 

行くしかない

 

 

やれるだけのことを

 

 

 

いつまでたっても観念しない

 

いつまでたっても逃げ出そうとする

 

覚悟の出来ない私に

 

業を煮やした

 

宇宙の采配とやらに

 

観に行かせられた

 

なのかもしれないなぁ

 

と思っています

 

 

 

 

救いのないラブストーリーです

 

重い

 

ひたすら

 

重い

 

 

 

私にとっては特に

 

どうしようもなく

 

 

本当に救いのないオチです

 

 

 

それなのに

 

何故か

 

 

見終わった後

 

清清しいような

 

オカシナ気持ちに包まれました

 

 

 

それでも

 

好きになっちゃったんだから

 

しょうがない

 

 

こんな風に人を好きになれたら

 

それだけで

 

しあわせなんじゃないかな

 

 

 

 

もしこのツインレイのブログのオチが

 

同じオチでも

 

 

そう思って

 

その時には

 

 

死ぬほど泣こう

ハグ

ハグ

 

 

 

 

 

 

 

職場の

 

好きな人に

 

いるだけで元気になります

 

と伝えてみた

 

 

嬉しいです

 

 

って

 

ハグ

 

された

 

 

しあわせ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が男だったら

 

彼女みたいな人を奥さんにしたいな

戦線離脱

戦線離脱

 

 

 

 

 

 

戦線離脱

 

 

考えていた

 

 

ツインレイなんて幻想だ

 

 

と思う方が難しいくらい

 

きっと

 

本当に

 

ツインレイなんだろう

 

と思う

 

 

メールのこない状況でも

 

耳のほくろが

 

ツインレイの証

 

 

ツインレイのあの人の想いが

 

今のところ

 

恋愛感情未満であっても

 

耳のほくろが

 

 

いつか

 

きっと

 

 

いつか

 

必ず

 

また

 

会うことになるはずだ

 

 

思わせてくれる

 

 

でも

 

何年後だろう?

 

 

いつか必ず

 

また

 

会えるなら

 

今は

 

戦線離脱

 

して

 

普通の恋

 

をしてもいいんじゃないかな?

 

 

 

それが許されるなら

 

一時

 

戦線離脱を

 

 

 

 

 

胸が苦しい

 

 

スマホがなる

 

 

最近はスマホにメールがくる度

 

ツインレイのあの人からかも

 

 

期待する

 

 

いつもの期待とほんの少し違う

 

 

ああ

 

ツインレイのあの人からかな

 

 

控え目な確信

 

 

 

なんてズルい人だろう

 

 

戦線離脱は

 

許されない

 

 

ということなんだろうか

 

 

真綿で首を絞めるみたいな

 

優しいメールに

 

少しだけ

 

ムカついています

ツインレイのあの人の前にいる自分

ツインレイのあの人の前にいる自分

 

 

 

 

 

 

 

愛されたい

 

 

自分の心の底にあった本音を

 

ひきずりだしてみて

 

少し

 

スッキリした

 

 

変な意地を張って

 

送れずにいたメールを

 

送った

 

 

やっぱり

 

ツインレイのあの人から

 

メールはこない

 

 

忙しい

 

のかな?

 

 

もう1ヶ月以上メールはきてない

 

 

忙しい

 

んだろうな

 

 

私も忙しくなりたい

 

 

忙しければ

 

余計なことを

 

考えずに済むから

 

 

 

 

ツインレイのあの人に送ったメールを

 

読み返す

 

 

何か

 

おかしな事を

 

書いてしまってないかな?

 

 

 

いつだって

 

ツインレイのあの人に宛てたメールは

 

こっ恥ずかしい

 

 

でも

 

悪くない

 

 

私は

 

ツインレイのあの人の前にいる自分

 

が好き

 

 

ツインレイのあの人の前で見せる自分

 

が好き

 

 

ネコを被っているのかもしれない

 

 

本当の自分はどっちだろう?

 

 

ツインレイのあの人の前にいる自分か

 

それ以外の自分か

 

 

でも

 

ツインレイのあの人の前にいる自分

 

 

本当の自分になっていったらいいのに

 

 

 

 

愛されたくない

愛されたくない

 

 

 

 

 

 

 

愛されたい

 

 

自分の

 

心の底からの叫び

 

と向き合ってみて

 

思う

 

 

実は

 

本当は

 

愛されたくない

 

のかもしれない

 

 

今までに

 

愛されたことって

 

あったかな?

 

 

未知のことは

 

コワイ

 

 

 本当は

 

愛されることがこわくて

 

追いかける恋

 

を選んできたのかもしれない

 

 

相手が振り向くと

 

急に逃げ腰に

 

なってしまっていたのかもしれない

 

 

追いかけても追いかけても

 

振り向いてもらえない

 

苦しさは

 

知ってる

 

 

どれくらいの苦しみか

 

想像できる

 

 

愛されている

 

 

感じてから

 

それが喪われる哀しみは

 

知らない

 

それが

 

コワイのかもしれない

 

 

知らないことは

 

コワイ

 

 

未知のことは

 

コワイ